ホーム » 症状別病名の探し方 » 犬の口臭の原因|口腔の病気やガンの可能性

犬の口臭の原因|口腔の病気やガンの可能性

犬の口臭、病気のサインかも犬の口臭が病気のサインのときがあります。人間でも口臭が病気を疑わせることがあります。

そこで、ときどき、犬の口臭をチェックするのは健康状態をみるのに必要な目安になります。

口は食べ物を食べるときの入り口となるので、多少の口臭は正常の範囲です。しかし、それまでと違う口臭がしたり、匂いが以前より、著しく強く臭くなったら、病気のサインかも知れません。

口臭による考えられる原因
  • 歯垢
  • 歯肉炎・歯周病
  • 鼻炎
  • 副鼻腔炎
  • 咽頭炎
  • 尿毒症
  • 腎臓の病気
  • 感染症
  • 糖尿病
  • 口腔のガン
  • 消化器のガン
  • 怪我
  • 開放骨折
  • 異物の呑み込み

歯肉炎や歯周病による口臭

犬の口臭の原因は、ほとんどが口の中の病気です。歯肉炎や歯垢によるものがもっとも多いです。

多くの犬は年齢と共に歯垢や歯石がつきやすくなり、そのため、歯肉炎や歯周病になります。

怖い揮発性イオウ酸化物

口の中はもともと細菌が繁殖しやすい場所で、繁殖した細菌は、食べかすや歯垢、たんぱく質などを分解して、揮発性イオウ酸化物を生み出して、それが口臭となるのです。

揮発性イオウ酸化物は、歯肉や歯茎や、歯を支えている骨、歯根にあるセメント質などを破壊します。さらに、この細菌を白血球が攻撃すると、今度は、死んだ細菌が膿になり、口臭がひどくなります。

口腔以外で口臭がする病気

口腔以外にも重大な病気が口臭の原因になっていることもあります。

たとえば、糖尿病、尿毒症、鼻炎や副鼻腔炎、肝臓病、咽頭炎、怪我や開放骨折などです。

犬がガンになっている場合も口臭がする場合があります。口腔ガン、肺がん、胃がん、腸ガンなどです。また、感染症や異物を呑み込んだ場合にも強い口臭がする場合があります。

口臭が強くなったと感じたときには

犬が以前とは違う強い口臭がある場合には、もしかして、病気になっている場合もあるので、動物病院の診察を受けましょう。

関連記事

コメントする

Return to page top