犬の症状で病気か判断 多額の診察料もペット保険で対応

MENU

犬の症状で探す

犬の症状で病気を探す

皮膚や被毛の疾患

 

耳の病気

 

身体の疾患

 

目の病気

 

歯・口腔・口臭

 

足の疾患

 

排便・排尿がおかしい

 

犬の病名で探す

犬の病名で探す


 

高齢犬の病気

高齢犬の病気


スポンサーリンク

ラブラドール・レトリーバーは、落ち着いた性格を持っており、子供や他の動物に対しても友好的な家庭犬になると言われています。無駄吠えが少なく、縄張り意識も見られない犬種で現代の環境下では飼いやすいですが番犬には向きません。食欲旺盛な犬種で、運動不足や退屈は肥満の原因となりえます。肥満は万病につながり、犬の健康状態に関するもっとも大きな問題です。適切な運動と刺激が必要で、心身ともに健康に保つには二時間程度の水泳や駆け足をこなす必要があります。基本的に頑健な犬種ですが罹患しやすい病気も存在あり、大型犬だけあって、股関節や肩関節の形成不全、糖尿病、甲状腺機能低下症、皮膚がんは最も多く発生します。遺伝性疾...
ヨークシャー・テリアは、犬種の中ではチワワに次ぐ小型な犬種です。成長しても2〜3kg程度にしかならないのが通常ですが、しばしば7kg程度までの大きなヨーキーが現れることもあります。ヨークシャー・テリアは、その美しい絹のような毛質から「動く宝石」と言われます。被毛が地面まで届くフルコートが美しいとされていますが、家庭犬では毛の手入れが大変なために、短く刈り込みしていることが多いのです。ひざ(膝蓋骨)の脱臼は、ヨークシャテリアの犬種が常に悩まされる病気で、しばしば幼犬時から足を引きずる症状を見せます。さらに、骨が弱く、虫歯、歯周病になりやすいのです。また、頸椎の歯状突起の形成不全が生じやすく、首や...
ミニチュア・ピンシャードーベルマンと体形が似ているため、ドーベルマンを改良したミニチュア犬と思われている事が多いですが、犬種の歴史ではミニチュア・ピンシャーの方が古いのです。小型犬ながら番犬としても有能で、車の盗難防止、護衛犬として用いられたこともあります。性格は 機敏で活発、大胆で気性が荒く、自尊心が強く、知らない人や犬を警戒し吠えることが多い犬です。かかりやすい病気としては少ないほうですが、ももの付け根から小腸などがはみ出す鼠径ヘルニア、いわゆる脱腸を発症しやすいのです。また、大腿骨頭部が血液循環不良で壊死するレッグ・パーセス病にもかかりやすいと言われています。様々な皮膚病にかかりやすく、...
ミニチュア・シュナウザーは、農場のネズミをつかまえることを目的に作られました。現在では、小型犬種を除けば、最も人気が高く、最良のペットといわれています。シュナウザーの特徴的な疾患として、シュナウザー・コモドーム症候群と言われる小胞性皮膚炎があります。これは、尾頭の全面に生じやすい病気で、ドライシャンプーで薬浴してからアルコールを塗布するという治療法があります。遺伝性の疾患大腿骨の骨頭が変形したり、レッグ・ペルテスという壊死する病気があります。まれに、腎臓疾患が見られ、網膜萎縮症や若年性白内障などの遺伝的な眼科疾患を発症する可能性が高いとされています。さらに、泌尿器疾患さえも見られるように生殖器...
マルチーズは、紀元前からら愛玩犬であったと考えられており、最も古い愛玩犬で、上流階級から普及していきました。性質は大人しく外交的で、基本的に従順なので、初心者でも飼いやすいやすいのです。シングルコートで下毛がないので抜け毛がないのも飼いやすい理由です。抱き犬としても知られており、甘えたがり、でも大型犬に対しても臆することなく振舞う面もあり、頼もしい犬です。暑さ・寒さには強くないので、屋内で飼うのが一般的です。難聴と失明が高い確率で発症し、オスの場合には睾丸停滞も少なくありません。老犬となって歯がぐらつくときは抜歯して、炎症を防ぐ必要があります。歯がなくても、食事を工夫することによって長く生きら...
ポメラニアンは、17世紀以降多くの王族が飼育を始めたことで、とくに愛犬家として知られるヴィクトリア女王がポメラニアンを愛好し、繁殖させたことによって、世界的な人気犬種となりました。ポメラニアンは友好的で活発な犬種であり、環境の変化に敏感なため、新しい外的刺激に対して吠えやすい傾向があります。ポメラニアンは知性豊かな犬種で躾もしやすく、飼い主が適切な飼育をするなら、素晴らしい家庭犬となります。老いるに従って、歯、心臓、腎臓から弱っていきます。オスは前立腺の病気、メスは子宮内膜炎に侵されやすいと言われています。先天性異常によって発症する病気ホルモンを作る酵素が先天的に欠けており、毛がまとまって抜け...
ボクサーは太く強健な骨格と、よく引き締まった筋肉をもち、スマートな体型が特徴的な犬種です。この犬種の外貌において、品格は重要なことです。品位を持たせるために、最大限の注意が払われるべきです。主人および家族に対する愛情の深さと忠実さはぴか一で、しかし、見知らぬ人間などには容易に気を許さない性格です。頭がよく従順で、きれい好きでもあることから、家庭犬として最適です。ボクサーはホルモン異常による病気や心臓疾患になりやすく、癌になる確率も高いのです。また、中年以降によく死肉が過剰に伸びて口の中に癌が出来たと思いやすいのですが、これは手術で切除できます。年をとると、急に全身が老化して死に至ります。大型犬...
ペキニーズは中国の歴代王朝の宮廷で門外不出とされ、皇帝の葬儀の時、寵愛を受けたペキニーズが柩を墓に導くと言われています。運動はそれほど必要ではなく、アパートなどの狭い部屋での飼育に向いている犬種です。暑さに弱く、寒い方が好きで、熱中症の危険があるので、暑い地域では冷房の効いた室内で飼育しましょう。このペキニーズとラサ・アプソの交配により、シーズーが生まれたのです。遺伝的欠陥による目の病気かつて、10世紀にもわたって宮廷の閉鎖的環境で飼育されたためか、多数の遺伝的疾患を持っています。椎間板ヘルニア、泌尿器の疾患である尿石、狭い鼻腔や短い頭蓋、扁平な胸、異常な構造の四肢は遺伝的な疾患です。また、上...
プルドックはイギリスで動物虐待法が成立してから、ブラッド・スポーツが禁止され、闘争に必要な獰猛さも取り去られ、ブルドッグは番犬や愛玩犬となりました。身体や顔に深いしわが多いため、皮膚炎になりやすく、しわの間を清潔に保つことも必要で清潔にし、薬用パウダーを振っておく必要があります。フレンチ・ブルドックには多発しないものの、ブルドッグでは股関節形成が多く、痛みを我慢して歩行異常がわからない場合が多いので、飼い主が気が付かないということもあります。また、足を引きずる重い症状になった場合、肩やひじが慢性過労のために関節炎を起こしていることもあります。この病気の治療は困難とされています。上あご奥の軟口蓋...
プードルは巻き毛のシングルコートで毛は抜けにくく、抜け毛や犬特有の体臭もほとんど無いことが家庭犬としての人気の理由の一つでもあります。逆に、非常に毛が絡みやすく、毛玉ができやすいため毎日のブラッシング、定期的なトリミングが欠かせないのです。また、トイプードルなど人気の犬種であるため、他の犬種との交配による交雑犬や別犬種の作出も盛んです。性格は利口で活発、活動的で、最も知能の高い犬種のひとつです。躾やすいほうですが、甘えん坊で神経質な一面もあります。そのため、非常にデリケートな犬種であるといえます。それは、皮膚病やアレルギー、目や耳の病気にかかりやすいともいえるのです。攻撃性が出るプードルもいる...