犬の症状で病気か判断 多額の診察料もペット保険で対応

MENU

犬の症状で探す

犬の症状で病気を探す

皮膚や被毛の疾患

 

耳の病気

 

身体の疾患

 

目の病気

 

歯・口腔・口臭

 

足の疾患

 

排便・排尿がおかしい

 

犬の病名で探す

犬の病名で探す


 

高齢犬の病気

高齢犬の病気


スポンサーリンク

ジャーマン・シェパードはドイツで優秀な軍用犬を作出することを目的に、繁殖と改良を加えて完成された犬種です。幼少期に正しく教育されると従順であり、忠誠と服従の感情を表す犬種です。ペットとして飼うことだけでなく、数々の命令をこなすことでも、各分野での活動が行えます。反面、教育されなかったジャーマン・シェパードは、攻撃的な犬となり、危険度が高い犬になります。成犬になると再教育することは困難な作業となります。高い忠誠心を持つのですが、盲導犬としては使われません。高い忠誠心が仇となって、幼少期に飼い主と引き離されるときに、分離トラウマが発生してしまうからです。ジャーマン・シェパードは後ろ足がカーブしてい...
ジャック・ラッセル・テリアは、キツネ狩りをするために、フォックス・テリア、ボーダー・テリア、ビーグルなどの交配で作られた犬種です。俊敏な動きで、ドッグスポーツの小型犬部門では花形犬種で、十分な運動と、トレーニングとしつけをすると、とてもすばらしい家庭犬となります。ジャック・ラッセル・テリアは、テリアらしく好奇心旺盛ですが、非常に繊細で気性が荒いのです。小動物やボールなど動くものには非常に敏感に反応します。そのため、車事故など発生しやすく、事故防止のため、子犬の頃からの制止または注目させられる訓練が必要です。また、我慢強い犬ではないため、子供や小動物と近づけると、咬傷事故が起きる場合があるので特...
シベリアン・ハスキーは北極圏地域で盛んなドッグレースや犬ぞりレースで、優秀な犬種としても知られています。バランスの取れた体、狼を想わせる顔貌、人間に対する融和性などから人気になり、全世界に広まって、現在ではペットとして人気があります。一時、日本でも「ハスキー犬ブーム」として社会現象を引き起こしました。しかし、日本はハスキー犬が安易に飼育できる気候ではないのです。シベリアン・ハスキーはそり犬として重用されて来ただけあって、極寒地における長時間の作業にも耐える体力・持久力があります。そのため、特に成犬では相当な運動量が必要です。必要とする豊富な運動量が必要であるため、エネルギー消費が激しく、高レベ...
柴犬の身体は均整がとれており、骨格がしっかりしています。日本犬の一般的な性格として、主人には比較的忠実であり、かつ警戒心と攻撃性が強めという傾向があります。獲物を直接追う猟犬として使われてきたというもあるでしょう。他の犬種に見られるような過剰な人工交配によって生じる先天異常はほとんどありません。(ただし豆しばに関しては遺伝的問題は不明です)まれに、膝蓋骨脱臼が見られます。柴犬が子犬のときでさえ、我慢強いですが、寒さには弱いので冬季には防寒対策が必要です。寿命:約13〜15年柴犬のかかりやすい病気反射性吐出(吐くのが常習的になる)膝骸骨の脱臼ブドウ膜皮膚炎症候群アレルギー
シーズーは中国では 「獅子犬」(シーツーコウ)とも呼ばれ、清朝末期の主に宮廷や貴人達の間で飼われていた犬です。そのため、無駄吠えも少なく快活で、小児や高齢者のいるファミリーでも飼育可能です。もともと、シーズーはラサ・アプソとペキニーズを人工的に掛け合わせて作った犬種で、祖先犬の出身地のラサ・アプソは高山気候で、ペキニーズは亜寒帯冬季少雨気候です。そのため、暑さには弱い方なので健康管理に注意しなければなりません。顔が扁平で目が大きい犬の宿命としては眼病にかかりやすいのです。被毛が眼球傷つけやすいく、眼球に涙で濡れなくなるため、角膜に炎症を起こすことが多いのです。また、頭部に衝撃を受けたり、ひどく...
シェットランド・シープドッグは小型のコリーという位置づけです。体つきは筋肉質で、均整がとれています。顔つきも一見するとコリーと似ていますが、マズルの長さ・太さともに、コリーよりもコンパクトなものです。コリーと同様に鼻の皮膚炎にかかりやすく、進行性の網膜萎縮や白内障など、目の病気にもかかりやすいのです。また、甲状腺機能低下症の発症率に関して、スイスで調べたところ、高い確率で発症することがわかっています。老犬になると、関節炎になりやすく、死因の多くは腎臓病やがんです。寿命:約14〜15年17歳以上生きた例もあります。シェットランド・シープドッグのかかりやすい病気甲状腺機能低下症股関節形成不全家族性...
ゴールデン・レトリーバーは「人間と共に仕事をする」ことを目的として作り出された犬種です。そのため、戸外に繋ぎぱなし、独りにすること、散歩に連れていかないことは、飼育方法として適合しません。暑さにも弱いので、外で飼うのは無理でしょう。ゴールデン・レトリバーは関節の形成不全が高い確率で発生します。ノルウェーの調査では約ゴールデン・レトリバーの30%が股関節形成不全だったといいます。また、白内障にかかる確率も高く、神経性の原因で皮膚をひっかいて細菌に感染したり、同じ場所を舐めて急性の湿性皮膚炎にもなりやすいのです。近所で飼われているゴールデン・レトリバーは高齢者の夫婦が飼っています。とても散歩にはい...
コリーの起源はスコットランドの寒冷地方なため、夏の紫外線に弱く、特にラフコリーには目の先天性疾患で、眼内出血や緑内障に発展することもあります。コリーにあるグレーコリー症候群は、毛の色が灰色または銀色のコリーに発症する先天的な白血球の病気で、幼犬のうちに発病して様々な症状を起こします。また、ボーダー・コリーは、イギリス原産の犬種で、ボーダーコリーの好発遺伝性疾患で、股関節形成不全があります。肘関節異形性自体は本犬種に頻発しますが、ほとんどが遺伝性によるもので、まれに飼育環境や幼犬時に過度な運動により発症します。寿命:約10〜14年しかし15年以上生きた例もあります。コリーのかかりやすい病気てんか...
コッカー・スパニエルはイングリッシュ・コッカー・スパニエルとアメリカン・コッカー・スパニエルと2つの犬種があります。アメリカン・コッカー・スパニエルは、元々イギリスから輸入されたスペインの猟犬のスパニエルから始まったと言われます。年齢に関わらず白内障などの目の病気に侵されやすく、年をとると耳の病気、歯の病気、皮膚病にかかりやすくなります。食いしん坊と呼べるほど食べ物に大変敏感でもあり、太りやすいというのがあるので、注意が必要です。寿命:約14〜15年比較的、病気になりにくい犬種と言われています。コッカー・スパニエルのかかりやすい病気白内障・緑内障血液凝固障害(新生児の死亡や幼犬の出血を引き起こ...
キャバリアの先天異常として、口蓋裂やさいヘルニア(出べそ)などがあります。その他に、僧帽弁閉鎖不全症という遺伝子疾患があります。これは、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁の異常で、キャバリアでは、1歳で33%、4歳以上では60%にもなります。また、キャバリアは脊髄空洞症という遺伝子疾患が発症率が高いのです。頭蓋骨が脳の大きさに対して小さくなるように品種改良したため、脳脊髄液の流れが悪くなり、脳の圧力が高くなりすぎることが原因です。他の犬種では珍しい病気ですが、キャバリアでは90パーセント以上の割合で問題がある場合もあります。しかし、この病気が原因の症状としては現れることは少ないのです。頭の後...